援助交際の危機!気を付けるべきこと!

援助交際をしている女性はとっても多いもの。
だから援交はかなり美味しいと走る男性は多くいらっしゃいます。

しかしながら、人生を台無しにしてしまう失敗となってしますことも珍しくありません。

ここでは、援助交際を軽い気持ちで始めてしまったことにより、大きな人生の失敗をしてしまった男性の話を紹介しましょう。

未成年者を相手にしてしまった結果

ある方は、18歳だといって書き込みをしていた女の子と掲示板で知り合い、実際に会ってみました。

あまりに見た目が幼く見えたため、年齢を確認してみると、実は16歳。
しかしながら、性欲を抑えることができずに、そのままセックスをしてしまった。

未成年者に手を出し、お金まで渡してしまったらしいのです。

その後、援交をやめると相手から連絡があり、音信不通になったそうです。

しかしながら、1年半後のある日にメールが来て、お金を援助して欲しいから今度は愛人契約をして欲しいという要求がきたそうです。

当時の履歴をネタに恐喝をされる

金額が金額なだけに、彼も断ったそうです。
すると、当時の履歴が残っているから、16歳と伝えてあなたは未成年と知っていたのにも関わらず、セックスをして、お金まで渡しましたよね?このまま警察に訴えれば、どうなるか分かってます?という恐喝をしてくるようになったそうです。

要求額はどんどん高くなり露頭に迷う

最初の内の要求額は2万円から3万円。
しかしながら、どんどんと要求頻度が増える上、金額も高くなっていく。

こちらは後ろめたいことをしているため、警察にも相談できない。
人生が台無しになるような大きな過ちをただ一時の性欲に負けてしまったことで犯してしまったわけです。

現在この方は、自分も罰せられることを覚悟で、警察に被害届を出すか否かを今でも迷っている状態です。

後から何があるか分からない

援交などをしている女性の多くは、悪さをしていることが多いものです。
学生時代はもちろん、社会人になってからも、半グレ状態になって人生を過ごしていることが多い。

出会う友人なども、同じように犯罪すれすれの行為を行っていることが多いのです。

そういった人間なのですから、履歴などを残したり、連絡先をそのままにしておかないこと。
また、相手に突っ込まれるような行為をしないことが重要です。

今回の場合には未成年ということで金銭を要求されていますが、ゴムなしでいいと言われ、中出ししてしまった結果、妊娠をしたから慰謝料や手術費用を払えといったことを言ってくる女性も存在しています。

そもそも援交を簡単に行うべきではないのです。

援交募集TOP

関連記事

NO IMAGE

援助交際がバレてしまう2つのケースを紹介!

NO IMAGE

援助交際は割り切った関係