意外と援交募集の女子は見つかる!援交女子と出会うには

出会い系サイトなどの出会いコンテンツでは、援交女子との出会いが避けては通れないものです。
それだけ未成年から人妻まで幅広い年代の女性が、ネットを通して援助交際を行っている時代です。

出会い系サイトで援交募集!実はよくある話です!

援交は違法行為なので、出会い系サイトでは援交相手を募集する行為を禁じています。
そのため援助交際という言葉だったり、援交を匂わす言葉はすべて禁止用語に登録されていて、メール上のやり取りで出来ないようになっています。

なので当然出会い系サイトでは目的に応じて細分化されていますが、援交専用のサイトなども数は少ないですが見つけるのも難しい状況です。

ではそんな状況で、どうやって援交の相手を探すの?
と疑問に思う人もいるかもしれません。

大体の場合、援交相手は出会い系サイトで探す事となります。
探すポイントは、相手がセックス目的で出会い系サイトを利用している事と、経済的に余裕がある事です。

これが家庭第一で、奥さんの事を大事にしていて真面目に働いているけれど住宅ローンや教育ローンで手が一杯という男性にいきなり援交募集しても上手くいくわけがありません。
お金を払ってでもいいからセックスをしたい、そんな男性をターゲットに絞り込むのです。

そしてターゲットに絞り込んだらサイト内ではなく、個別でやり取りできるフリメを交換しましょう。
そうすればフリーメール内のやり取りであれば、援交募集をする事も可能です。

つまり出会い系サイトでターゲットを選び、実際に誘うのは出会い系サイトの外という事になります。

タダマンしたいならタイプを知る

彼女たちを攻略するには、それぞれの援交女子のタイプを理解する必要があります。
ここでは、援助交際のタイプの理解の仕方について紹介します。

最初は援交募集しても、最終的には、タダマンしたい。
セフレにしてやろう。
これは多くの男性が抱く願望でしょう。

これを出会い系などを攻略し、実現するためには、援交女子のタイプを理解する必要があります。

まず分けられるのは3つ。

1.売春婦タイプ。
2.援デリタイプ。
3.ノーマルな援交目的の女性。

売春婦タイプとは?

これは稼ぎの方法が身体を売ることしかないと割り切っているタイプです。
この手のタイプは、もともと立ちんぼと呼ばれる個人売春を行っていたケースが多いです。

それが規制などで繁華街などでお客を見つけることが難しい。
また、インターネットという便利なツールを使って商売をしているタイプになります。

完全に商売としてセックスという行為を見ているので、タダマンすることは不可能に近いです。

援デリタイプとは?

これは裏風俗業者に所属をしている女の子です。
客引きなどは男性スタッフが担当。

つまりはネットのやり取りはほぼ男性スタッフとの会話になります。
セックスに関してだけ女性を送り相手をさせるといったことですから、仲が深まることは少ないでしょう。

この手の女の子の場合には、お店には内緒でお小遣いをあげるからと交渉をし、個人的な連絡先を聞き出し、その後に関係を重ね、タダマンに持っていくという方法がベターです。

しかしながら、業者に飼いならされていることが多く、なかなかここまで持っていくことが困難です。

ノーマルタイプとは?

最後にノーマルタイプですが、これこそが狙い目。
援交という言い訳をして、ただ性欲を持て余しているビッチである可能性が高いからです。

こういった女性の場合には、まずは常連さんになること。
そして相手の存在が貴重であるということをアピールする。

こういったことをある程度に行えば、突然「もうお金はいらないから」と相手の方から言ってくることも珍しくありません。

そうなれば、都合が良いときに呼び出し、ちょっと食事くらい奢れば、簡単にセックスをさせてくれるようになるのです。

狙うならノーマルタイプを狙いましょう。

援助募集の相場は上下する!値段の変化の見極め方

株やFXを行っている方なら、日々にその価格が変化するということには慣れっこでしょう。

一般的なスーパーなどの食材でも、日によって値段が違うなんてことは当然にありますよね。

実は援助交際の世界でも、その相場の値段が変化しているって知っていいました?
ここでは、より安く遊ぶための援交相場の見極め方について紹介します。

普通の値段の付け方と一緒

野菜でもなんでもそうなのですが、価格が高騰する時というのは、需要量が供給量を上回っている状況に起こります。

何も十分に足りているときに、価格を高くすれば、誰もその商品を購入しようとは思わないですよね。
だから足りているときには安くするわけです。

逆に皆が欲しいという時に物がなければ、高く値段を設定しても購入する人間がいるというわけです。

援交の世界も一緒なんですよね。
この見極め方を知っていれば、安く遊べるタイミングを知ることはとっても簡単なんです。

一番安く遊べるタイミングは?

一番安く遊べるタイミングは、ズバリ週末や土日。
そして祝日といったタイミングなんです。

どういうことかというと、男性は平日であろうと、休日などであろうと、いつでもどこでもムラムラとすれば、女を求めて動き出す。

そしてお金も出しちゃうものなんです。
でも女性の場合には、基本的には次の日が仕事であったり、仕事の後なんてタイミングでは、出会いに対して前向きにはならないんですよ。

つまり、週末は出会いに対して多くの女性が前向きになるタイミングであり、ライバルが多い時期であるということ。
前述のケースでは、野菜が溢れている状況になるわけです。

だからこそ、高値を張ることが出来ないんですよね。
だったらいいやと断られるのがオチ。

だからこそ、平日の昼間などのなかなか女性がいない時間帯に動き、高値を要求してくるセミプロが存在しているわけです。

平日は避けた方がいいのか?

だからといって、高値で強気で交渉してくる平日は遊び時ではないのかという疑問が出てきますね。

そんなことはありません。
平日に動いている女性の多くは、ヤリ目を了承していることが多いです。

週末の場合には、ただの暇つぶしや遊び目的。
真剣な出会いを求める女性も多いわけです。

その中からやらせてくれる女性を見つけ、口説くのはなかなかに難しいもの。

平日の場合には、大抵が援交目的であることが多く、しかも可愛かったり、美人であったりといった上物が期待できるというメリットがありますから、こういった目的の男性は高いコストが掛かるものの平日が狙い目なのです。

気を付けよう!援交募集の落とし穴

援交は未成年じゃなければ、犯罪にならないから、それさえ確かめればバンバンやっても構わない。
こんな風に思っている方が多いのが現状ですね。

しかしながら、こういった考え方で、ガツガツと援交女子を食っていると、思わぬ落とし穴に落ちてしまう可能性もあるのです。

実は限りなく黒に近いグレーな行為

援助交際というのは、売春防止法に触れてしまう黒に近い、限りなくグレーな行為なのです。

その実、援デリなどの業者が摘発され、自分は未成年は相手にしてないとは言っても、逮捕されてしまった男性も存在しているのです。

つまり、基本的には犯罪行為をしているわけであり、おおっぴらに行うべきことではないということです。

確かに近年では、若年層の貧困化が進んでおり、貧困女子を救っているという一面があるかもしれませんが、お金を餌に女を買い、セックスをするという買春をしていることに代わりはないのです。

売春関連で捕まるケースは?

こういったことで捕まってしまわないためには、まず売春関連でどういうものが犯罪行為なのかを知るべきです。

公衆の目に触れる方法を使って売春勧誘を行うこと。
斡旋をすること。
恐喝などをして身体を売らせること。
何かの対償として身体を売ること。

契約売春をすること。
管理売春。
売春目的による利益供与。

こういったものが挙げられます。
基本的に勧誘をした人や、斡旋や仲介といったものをした人間が刑罰の対象になっており、それを利用しただけでは犯罪にはなりそうにありませんね。

安心出来ない行為であることを理解する

だからといって、利用するだけだから捕まらないと思い込むのは限りなく危険です。
まずグレーな行為であること。
未成年の場合には、確実にアウトなことは忘れないようにしましょう。

セフレ関係を結び、単純にお小遣いをあげている程度のものなら、お互いの同意もあり、OKと判断されるケースが多いです。

しかしながら、出会い系サイトを使い、明らかにそれが目的であると分かっていて相手をしてお金を渡した場合には、捕まってしまう可能性もあるのです。

なぜならば、都合が良く援助交際と本人達が主張しているだけで、その内容は明らかに売春であり、売春を斡旋しているとも受け取ることが出来るからです。

そもそも援交というのは、未成年者が行う行為に対してそう呼ばれるものなのです。

成人の場合には「割り切り」といって、その実は売春と判断されてもおかしくありません。

このような落とし穴に気をつけるようにするべきでしょう。

援交募集をする背景

なぜ若い女性がなぜ援交募集をするのかと言えば、お金のためだと言えるでしょう。
アルバイトでお金を稼ごうと思ったら、時給1200円だとかなりの時間数をアルバイトに費やさないと必要な金額を稼ぐ事が出来ません。

そのため友達と遊ぶ時間だったり、勉強をする時間を削らなければいけません。

今の若い子は、友達に費やす時間が以前と比べるとかなり長いと言えるのではないでしょうか?
なぜならSNSやLINEで離れていてもつながる事が出来るからです。

そして自分だけそこに参加しないでいると、悪口を言われてしまうのでは?仲間外れにされてしまうのでは?と不安になりSNS依存のような状態になってしまいます。

なので拘束される時間が長いからこそ、アルバイトにはあまり時間を費やす事が出来ないのです。
また大学生になると一人暮らしを始めても、仕送りでは全然足りないという学生も少なくありません。

そんな時に短時間で稼ぐ事が出来る手段として、援交が効率的だと言えます。

若い子であれば、自分のスタイルに自信がある子も少なくないでしょう。
そして今なら自分の身体には価値があり、その価値は加齢に伴いなくなっていく事を知っています。

援交募集をするなら、女子高生ブランドがあるうちが最も価値がありますし、高校を卒業しても18歳や19歳、20歳ぐらいならまだ十分に価値はあると言えるでしょう。

ですが徐々に需要がなくなり、稼げなくなる日がきます。
だからこそ稼げるうちに徹底的に稼ごうという気持ちになるわけです。

友達がしていたからという安心感も一押ししている

援助交際をする理由の中で、友達がしているからという理由は上位に上がります。
しかし本当に友達がしているから自分のするという考えは正しいのでしょうか?

例えば友達がみんなしていると、していない自分だけが仲間外れにされてしまうのではという心配がありますよね。

一人だけいい子ちゃんぶっているなどと思われてしまうかもしれません。
それに高校生のお小遣いなんてせいぜい5千円ぐらいです。

そのため高校生はカラオケなどお金がかからない遊びをしますよね。
ですが友達がみんな援交をしていたら、自由に使えるお金がたくさんあります。

なので遊びにもお金を使うようになるでしょう。

そうなると自分だけその遊びについていく事が出来ずに孤立してしまうかもしれません。

高校時代は友達がいないと学校にも行きたくなくなってしまいますよね。
なのでみんなと同じように援交募集をしてしまうという訳です。

ただ注意して欲しいのは、困った時に友達は助けてくれないという事です。

もしあなたが変な相手と出会ってしまい、ホテルで拘束されてハメ撮りされてしまった場合、それを友達に相談したところで誰も助ける事は出来ません。つまり友達と一緒だから安心という考えは非常に危険だと言えます。

自分がしたくないと思ったら友達から誘われても断る勇気が必要ですし、援交をしていない友達だって新たに作る事は十分に可能です。

援交募集はだれがする?

援交をする人の特徴は、特にありません。
なぜかというと、誰でも援助交際をする可能性はあるからです。

例えば堅物の高校教師が外では自分の生徒と同じ高校生と援交をしていたなんてケースはいくらでもあります。

誰だって表の顔と裏の顔を使い分けているので、真面目で援助交際なんてしそうにないという人でも、実際にどうだか分からないと言えるでしょう。

一方で援交をする女性の方もやはり特徴はないのです。
別にお金に困っている人だけがするわけではありません。

家がお金持ちで、お小遣いもたっぷりもらっていて、お嬢様学校に通っている。
そんな人でも、退屈で刺激を求めて援助交際をするかもしれません。

それにお金に困っていなくても、お金なんていくらあっても困るものではありません。
若いうちしか身体を売る事が出来ないのであれば、旬が過ぎてしまう前に、春を売りたい。

そんなふうに思う人もいるかもしれません。

つまり男性なら誰でも性欲はあるし、女性なら誰でもお金はいくらあっても構わないので、援助交際をする人の特徴を絞り込む事が出来ないぐらい、誰でもする可能性があると言えます。
だからこそ援交で逮捕されると、まさかあの人がと驚く訳です。